女性のためのマンション購入

女性のためのマンション購入の注意点 

「毎月支払う賃料がもったいない」
「今度の更新時期までには引越したい」
「もう少し広いところに住みたい。けれど、賃料が高くなのるはもっともったいない」
「退職後のことを考えると、このまま賃貸に住み続けるのも心配」
こんな思いがわいてくるなら、「購入という選択肢」が良いかもしれません。
 
昨今、マンション購入をする女性が増えています。ただし、女性がマンション購入をする際には、大きな注意点があります。それは、『ライフプランの変化に対応できるマンション選びをする必要がある』ということです。
ライフプランの変化の一番大きなものは結婚です。それ以外にも、妊活、出産、転職、転勤、離婚、早期退職、定年退職、起業、親の介護、親との同居など、人生のさまざまな転機によって、女性の働き方は一変してしまうことがあり得ます。
 
例えば、マンションを購入して数年後に結婚する、転居する、出産するということになると、収入や暮らし方、住む場所が変わってしまいます。せっかく住宅ローンを組んで取得した憧れのマンションが、一転して新生活の負担になるという、シナリオは避けたいですよね。
 
女性のマンション購入で気を付けたいことは以下の2つです。
◎数年以内にライフプランの変化があっても問題ない「資金計画」を用意する
◎ライフプランの変化に対応できる「マンション(物件)」を購入する
 
つまり、「お金」と「物件」の両方で、ライフプランの変化に対応力のある選択をする必要があります。
 
リフプラスには、マンション購入を経験した女性宅建士FPがいます。お金の相談は人生観や生活に直結するため、女性FPでないと打ち明けにくい話もあると思います。
リフプラスでは、「ライフプランの作成」「住宅ローンの選び方」「賃貸と購入どっちが良いか」「いくらぐらいの物件を買えば良いか」「老後の資金もしっかり積み立てたい」など、お金のことを丸ごと女性FPに相談できます。
また、マンション(物件)探しに関しても、女性の担当者が対応します。
 
・先の読めないライフプランをどう考えたらよいのか
・賃貸を続けた方がよいのか、買っても問題ないか。
・購入できるとなったら、どんなマンションを買えばよいのか
といった疑問を、リフプラスの女性FPがひとつずつ丁寧にお応えいたします。
 
リフプラスは働く女性を応援します!
 
[⇒住宅購入相談へ]