初回相談のお申し込み
住宅・不動産コラム
住宅・不動産コラム知っておきたい不動産とお金の知識

ネット銀行で住宅ローンを借りるのはどうなのか?

リフプラス FP/宅建士 増井敦子

住宅購入を検討されている方は住宅ローンの金利比較ランキングを見ることもあるかと思いますが、最近はネット銀行が常に上位にいますね。

金利が低い理由は、店舗を持たないためコストを削減できていることが大きな要因です。

住宅ローンは借入金額も大きく返済期間も長期になることが多いですから、少しでも低い金利で借りたいですよね。一方、店舗がない銀行で住宅ローンを借りる、返済する上で、問題なく利用できるのか気になるところではないでしょうか。

借りるときは、駅前の銀行と何が違うのか。ネット銀行によって手続き方法は多少異なりますが、店舗があり対面で手続きできる金融機関と比べると時間がかかる、手間がかかることが一般的です。手続きに手間、時間がかかる理由は、ネット銀行の場合、事前審査は大抵WEB上で行いますが、本審査・金銭消費貸借契約は郵送でのやりとりになることが多いためです。

事前審査が承認されると本審査の必要書類が銀行から自宅へ送られてきます。本審査を依頼することになったら、書類準備を進めることになりますが、不明点は電話でコールセンターに確認します。 書類準備ができたら銀行へ発送、送付した書類に記入ミス・漏れがあると返送され再度提出、不足書類があると追加で郵送、等数回やりとりが発生することもあります。

お仕事をしながらローン条項や決済といった期限に間に合わせるように手続きを進めていくことは、スケジュール管理と手間がかなりの負担になります。その負担が苦にならないのであれば利用価値は大いにあると思います。期日に制約がない借換えでしたら問題ないでしょう。

次に、返済資金の入金をどうするのかが一番気になる点だと思います。「住宅ローンは金利の安いネット銀行にしたいが、給与振込は今まで通り地元地銀の口座がよい」という方も多いことと思います。その点は基本的には心配ありません。ネット銀行では、ローン返済分を他の銀行から自動入金できる仕組みがあることが多いです。資金移動の手間がかかる、入金忘れで延滞となってしまう、ということは回避できます。ただし、ネット銀行によってサービスの違いがありますので、希望の返済資金移動が手間なく、コストがかからずできるかどうかは、ローン申込前に確認しておくことをお勧めします。 最近は、WEBだけで全ての手続きが完了する銀行、手続きの窓口を設けている銀行もありますので、不動産業者に相談し、スケジュール的に可能であれば検討に加えるといいでしょう。

多くの方にとって、住宅購入は初めての経験です。そのため、どの金融機関を選ぶかも含め、住宅ローンはいくらまでなら無理なく返済できるのか、どの金利を選ぶべきか、ペアローンにすべきか否かなど、住宅ローンやお金に関する疑問点や不安点は多くあると思います。我々リフプラスでは、経験豊富なFPと不動産のプロがお客様に伴走して住宅購入をサポートしています。不動産購入とそれにまつわるお金のことに少しでも不安がある方は、お気軽にリフプラスにご相談下さい。

リフプラスの
住まいのご相談メニュー
リフプラスの
不動産活用・投資等のご相談メニュー