初回相談のお申し込み
住宅・不動産コラム
住宅・不動産コラム知っておきたい不動産とお金の知識

耐震等級3は必要か?

宅建士 藤原智香代

これから新築戸建てを購入される方、また中古住宅を購入してリフォームをされる方の中には、「耐震等級3は本当に必要なのか。耐震等級2や1ではいけないのか」と迷われている方がいらっしゃるかもしれません。結論から申し上げますと、大切なご家族と資産(住宅や家財)を守りたいのであれば、耐震等級3をおすすめします。

まだ記憶に新しい2016年に起きた熊本地震では、4月14日、16日の二回に渡り震度7を観測しました。その時には、なんと2000年以降に建てられた築浅の住宅の全壊が12棟や倒壊が7棟もあったのです。その中には耐震等級2の住宅がありましたが、耐震等級3の建物は全壊・倒壊ともに0だったのです。

せっかく何千万円というお金を費やして住宅購入をするのであれば、長きにわたり大切なご家族と資産を守れる住宅選びをして頂きたいと切に願います。

リフプラスの
住まいのご相談メニュー
リフプラスの
不動産活用・投資等のご相談メニュー