初回相談のお申し込み
住宅・不動産コラム
住宅・不動産コラム知っておきたい不動産とお金の知識

不動産契約前の事前調査に注力する理由

リフプラス FP/宅建士 飯田敏

リフプラスでは、お客さまが不動産の契約をされる前に、対象不動産の事前調査を入念に行ってお客様に調査結果をご報告しています。そこで分かった物件の弱点は正直にお客さまにご報告するため、お客さまには「本当に売る気があるんですか?」と言われるほどです。

ファイナンシャル・プランナーだからこその視点

そういったことを行う理由は、リフプラスの宅建士がFPでもあるからこその、2つの視点があるためです。

一つは、将来の資産価値を把握するという点です。お客さまが気に入られた物件が、予想外に低い資産価値だった、あるいは予想外に換金しにくいという物件であることが分かったとします。すると、将来ご高齢になり老人ホームに入所する場合、その不動産を売却して一時金として充当しようと計画をしていたときに、そのシナリオ通りにはならなくなってしまうということが考えられます。例えば、ハザード情報に該当しているかどうかをお伝えしたり、細かい点まで安心して頂くために、現地での調査時には機械を使って電磁波や低周波音まで測定して確認しています。そのような、いわゆる物件の資産価値的な弱点と考えられるものは、FPである私たちは事前に把握しておく必要があると考えています。

 もう一つは、購入を検討している物件に対して、物件価格以外の予想外な支出が発生する可能性を把握するためです。たとえば、検討している土地に高額な造成工事費用がかかるということが分かったり、ガス・水道等のライフラインを引く必要があり予想外に高い工事費がかかる、といったことが分かるケースがあります。

他にも、中古物件でそのままの状態ですぐに住めると思っていたが、よくよく見てみると水回り設備を交換して、給湯設備も交換した方がいいんじゃないか、といったことが後から分かる場合があります。このように、直近で大きな費用がかかってしまうような内容は事前に把握しておかないと、予定よりも大きく貯蓄を切り崩す原因になり、当初考えていた希望のライフプランを見直さざるを得なくなるということになりかねません。

デメリットこそ正直にお伝えします

こういったことを踏まえ、リフプラスでは購入対象不動産の弱点やデメリットについてこそ、きちんと調査し正直にお伝えします。また、全てのお客さまに不動産を安心して買っていただけるように、100項目以上の物件の特性やリスクをくまなくプロの視点で調査をし、報告をするサービスを行っています。更に、必ず売買契約日より前に調査報告会を実施しています。売主や売主側の業者がいない環境で遠慮なく納得いくまで質問ができ、物件調査内容を理解いただく時間をとっています。リフプラスの不動産購入サービスの中で、最もお客様に喜ばれているサービスです。不動産購入をご検討中の方は、是非一度リフプラスにご相談下さい。

リフプラスの
住まいのご相談メニュー
リフプラスの
不動産活用・投資等のご相談メニュー