初回相談のお申し込み
住宅・不動産コラム
住宅・不動産コラム知っておきたい不動産とお金の知識

住宅ローンを組んで購入した家を賃貸に出してもOK?

リフプラス FP/宅建士 飯田敏

NHKドラマ『正直不動産』の第二話では、プロから見て気になるエピソードがありました。

「住宅ローンを組んで購入した住宅を人に貸す」ということは問題?

それは、住宅を購入したばかりの方が急な親の介護でその住宅に住めなくなってしまい、リフォーム完了後すぐに賃貸に出す、というエピソードでした。こういったケースは実際にも起こりうると思いますが、もし、この住宅を住宅ローンを組んで購入していた場合でも、賃貸に出してもOKでしょうか?

答えは原則「NG」です。(フラット35では、親の介護や転勤、海外赴任などは例外的に許されることもあるので、金融機関にまず相談することです。)

住宅ローンは資金使途が自宅の取得に限られています。そのため、上記のような事情が発生したとして、自分自身が住まずに人に貸す場合は住宅ローンの考え方から外れてしまいます。住宅ローンを借りている金融機関に気づかれなければいいのではないか、と考える方もいるかもしれませんが、もし金融機関側に賃貸になっている事実が伝わってしまった場合は、残債の一括返済を求められる恐れがあります。

 しかし、一括返済を求められても難しい場合が多いと思います。そうなった場合は、おそらく他の金融機関に切り替えてくれと言われるか、アパートローンなどの金利が少し割高な他のローンに切り替えて、そのまま進めるという形になろうかと思います。

 そのため、どんな事情があろうとも、「住宅ローンを組んで購入した住宅を人に貸す」ということは問題であるという事実を知っておいていただきたいと思います。

皆様の理想をヒアリングし、ベストなご提案をさせていただきます

 もし上記のような事情が発生した場合、まずは一度、わたしたちリフプラスのようなお金と不動産のプロにご相談下さい。

リフプラスが強みとするのは、「ライフプランのキャッシュフロー」と、「不動産のキャッシュフロー」をリンクさせたアドバイスができることです。FP会社が提供するライフプランのクオリティーは高く、ライフプランを専門としない不動産会社等のプランとは精度が格段に違います。例えば、「ライフプランのキャッシュフロー」と「不動産のキャッシュフロー」をリンクさせて分析することにより、「こういう場合はライフプランが成り立たない恐れがあるので、住宅を賃貸に出すべきではなく他の方法を検討するべきである」という結論に至ることもあるのです。

皆さまの理想とするライフプランを丁寧にヒアリングし、お金と不動産のプロから見たベストなアドバイスをさせていただきます。お気軽にリフプラスにご相談下さい。